むかしから薄毛(いわゆるハゲのことですね)が気になっており、色んな薄毛対策を行っているのに効果が現れないような。心当たりもないのに、この頃、原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)不明の薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)に悩まされている。そういう状態に陥っているとしたら、ひょっとするとそれは、過度なお酒を飲んだり、タバコを吸ったりが原因なのかもしれませんね。タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)に含まれる有害物質でもあるニコチン(ポルトガル大使だったジャン・ニコにちなんで、ニコチンという名前がついたのだとか)には、発ガン性のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)を伴うに限らず、強い血管収縮作用も持ち合わせているのです。この事により、タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)を吸うと血管が縮小し、それに伴って血液の循環も悪くなり、全身が血行不良の状態だと言われているのです。毛根や毛髪へ栄養を運ぶ役割を果たしている血液の流れが滞ってしまったら、頭皮(最近では、頭皮ケアや頭皮エステが流行っていますよね)や髪全体が栄養不足となってしまって、薄毛(いわゆるハゲのことですね)の道へとすすんでしまうはずです。一方、飲酒はストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)解消にも効果があり、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)によっても血行も促進されるため、薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)とは関係ないように思われていることでしょう。勿論、適度な飲酒(適度な量であれね、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)であればいいのですが、過度な飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)には注意して下さいね。体の中に大量のアルコールが入る事により、肝臓がフル稼動してアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を分解しようする為、かなりの負担がかかります。肝臓はタンパク質(ボディビルダーなどはプロティンで補うこともあるでしょう)の合成機関でもあるんですが、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の分解をしている間は、タンパク質(お肉を一切食べないといった極端な食事制限は栄養不足になる恐れがあり、とても危険です)が形成されなくなってしまいます。タンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)は髪の材料ともいうべき成分ですから、発毛に必要である新しい細胞も作られなくなってしまうというわけですね。飲酒・喫煙はストレス解消にもなると思いますが、時に薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)に対して悪影響を及ぼすリスクがあると言うことは覚えておいてくださいー